photo

院内感染滅菌対策について

「院内感染」とは、歯科医院に治療に来た患者さんがかかっている感染性の病気が院内で他の患者さんに感染してしまうことです。そしてこの感染病の中には、エイズ(後天性免疫不全症候群)やB型肝炎、C型肝炎などの危険な病気も含まれています。

歯科治療は、抜歯をはじめ、歯牙の切削・除石など、出血の可能性がある外科的な処置も多く、メス、注射、ターピン等などの外科器具は日常的に使用しています。そのため、もし治療器具の滅菌や消毒が不十分であると、病気の人の歯の切削片、血液やだ液が、様々な器具や器械を介して感染症を引き起こしてしまうリスクは自ずと高くなってしまうのです。

完全滅菌には多大な手間と経費が必要ですが、残念ながら今日現在、歯科医院の滅菌消毒業務に診療報酬はありません。

しかし「患者様に安心できる治療」、「安全な治療」を受けていただきたいという想いから 当院では、最新の機材を導入し、様々な院内感染防止対策を実施しています。

滅菌器・殺菌器をはじめとした当クリニックの機材紹介

高圧蒸気滅菌器
ホルマリンガス殺菌器

常温・常圧で器具や機材を傷めることなく、スピーディーな殺菌処理を実現したホルマリンガス殺菌器。
約25~30℃の常温・常圧で殺菌を行うため、オートクレープを使用できない器具機材に使用でき、滅菌後は滅菌パックと同様に保管できます。

レーザー

インパルスデンタルレーザーのパルス発振方式は、1パルスあたりのレーザー照射時間が非常に短く(1/10,000秒~100マイクロ秒)瞬間的な高いピークパルスで効果的に作用しながらも治療による痛みが非常に少なく、ほとんどの症例において麻酔を使わない治療が可能です。

3Dパノラマレントゲン

3次元での立体画像での診断が可能です。3Dで細部まで分析ができることにより、正確な診断・診療を実現しています。

3Dパノラマレントゲン
▲